人生を楽しく生きる

海、旅、アート

【南伊豆】南伊豆休暇村宿泊記|家族連れに人気のホテル!

f:id:ArtandWalkguide:20200813121531j:plain

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813122459j:plain


夏休み、ゴールデンウィークなどなかなか予約が取れないホテル。

泊まってみたい、でもどんなところ? そこまで人気なのは、なぜ?

こちらを、読んでいただければきっと分かります!

 

8月3日(月)〜8月6日(木)に高校生の息子と家族3人で「南伊豆休暇村」に宿泊しました。

今まで南伊豆休暇村に宿泊したのは、数え切れないくらい。

長女が小学校4年の頃に南伊豆休暇村に出会ってから。

夏は絶対海!!!という我が家は、昨年までは姉たちも一緒に参加していたのですが、社会人・就活中の大学生は、スケジュールが合わずに断念です。

そう、だから、是非大変だけども小さいとき、行ける時に家族旅行はおすすめです。

時間とお金があったとしても、子どもたちが大きくなったら、なかなか行けないのです。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813183338j:plain

 

春や秋いろんな季節に宿泊してきたけど、やっぱり夏が多いです

弓ヶ浜の前に建つ立地抜群のホテル。

弓ヶ浜海水浴場の目の前、お部屋も広めで家族連れには快適なホテル。

温泉もありますが、お部屋にもお風呂がついていて、お子様連れにはうれしい。

さらに、プールもあり、海もプールも両方楽しめます。

海好きの家族には、おすすめのホテルです。

こちらの記事では、ホテルへのアクセス、部屋のようす、食事のようすをご紹介します。

南伊豆へ滞在される方、ホテルを探されている方の参考になりましたら幸いです。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813150619j:plain

  

f:id:ArtandWalkguide:20200813150831j:plain

 

マスクを着用しての入館。

入口右手には、検温機、消毒液があり、体温を測ってからの入館です。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813150923j:plain

 

うれしいウェルカムドリンク。

「森いちごのルイボスティー」

とっても美味しくて、おかわりしてしまいました。
 

アクセスとホテルの施設

南伊豆休暇村へのアクセス

電車・バス

伊豆急下田駅前のバスターミナルより東海バス石廊崎行休暇村経由」に乗り、約25分、

南伊豆休暇村の真横にあるバス停到着です。

  

f:id:ArtandWalkguide:20200813152008j:plain

 

|車

 下田市内から10キロ

・チェックアウト後は、12時まで駐車できます。

 

*ゴールデンウィーク、夏季、連休、年末年始は道路が混むので、最近は踊り子号とバスを利用することが多かったです。ゆっくりできて快適なのでおすすめです。

コロナが収束しましたら、是非。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813132645j:plain

 

温泉・湯上りラウンジ

 

庭園露天風呂や壺湯、内湯があり、脱衣所から浴室内まで段差がなく、安全でやさしい作りになっています。露天風呂のリラックス度が高いです。

湯上りラウンジは、お風呂上がりにゆったりくつろげる空間です。

 

泉質/ナトリウム・カルシウム塩化物泉

効能/神経痛・慢性消化器病・筋肉痛・関節のこわばり

  

うれしいコインランドリー

夏、海の季節に宿泊すると、大活躍。洗濯機、乾燥機、稼働率高しです。置いてある休暇村の洗剤は無料で使用できます。(ありがとうございます)

洗濯機1回200円、乾燥機1回300円です。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813134324j:plain

 

レンタサイクル

宿泊者 1時間100円(電動自転車)

弓ヶ浜の長い海岸線をはじまで行ってみたり、民宿が立ち並ぶ地元の住宅街周辺を自転車で散策、新しい発見が多く、行ったことないところまで足を伸ばせて、いい体験ができました。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813135804j:plain

 


【南伊豆】弓ヶ浜サイクリング!

宿泊した部屋のようす

 

全室、海側で松林越しの景色、うれしいですね。

今回は「和室」の部屋に、宿泊しました。

家族が一緒に川の字になって寝ることができるのが、和室のいいところ。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813140047j:plain

 

バスルーム

海から出て、Tシャツをはおれば、水着のまま館内に入れることや、

すぐにシャワーを浴びることができるのは、便利です。

 

*温泉があるので、バスルームはあまり使わないと思うかもしれませんが、小さいお子さん連れの方は、バス付きのお部屋の方が便利だと思います。(和洋室のお部屋にはついてないです)

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813140316j:plain

 

アメニティー 

 

ウェルカムのお菓子があるのはうれしい。

(1つ足りないのは、入室後すぐに食べた人がいました〜)

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813141202j:plain

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813141309j:plain

 

お茶セットと、冷水ポットがあるのは、嬉しい。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813140841j:plain

 

浴衣はサイズごとに分けられて収納されていました。家族連れにはうれしいですね。

バスタオル、温泉に行く時用のかごなど準備されていて、細やかな気配りです。

下の段には、金庫があります。貴重品はここに入れておくと安心ですね。

 

レストランでビュッフェ

混雑時間のご案内が配られたのは、ありがたかったです。

参考にして、少し時間をずらせました。

レストランに入る際、検温と手の消毒です。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813175422j:plain

 

夕食ビュッフェ

 

17:00〜18:30 /19:00〜20:30の2部構成。

席と席の間隔が、開けられていること、場所によっては、ビニールカーテンも席ごとにはってあります。

 

食事を取りに行く時は、必ずマスク、ゴム手袋着用です。少しめんどくさいけど、みんなちゃんとしていました。(ゴム手袋はテーブルの上に置いてあります)

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813141810j:plain

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813180642j:plain

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813180654j:plain

 

お料理も、ビニール越しに取ります。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813181120j:plain

 

目の前でにぎってくれるお寿司や、新鮮なお魚のメニューが多かったこと、揚げたての天ぷらなど美味しかったです。

また、お子様メニューもあります。 

家族連れが多いため、あまりワイワイ喋らず、もくもくと自分の食べたい料理を取りに行き、食べ終わったら席を立っていました。我が家も、同じくです。

 

ビュッフェはデザートが楽しい。フルーツ、ミニケーキなど、そしてアイスクリームも食べました。

 

朝食ビュッフェ

7:00〜9:30

休暇村の焼き立てのパンが、並びます。美味しい!

そして和食も洋食もあり、朝から、たっぷりの野菜と果物もいただきました。

 

f:id:ArtandWalkguide:20200813181636j:plain

 

レストラン会場(2F)からは、プールが見え、光がさんさんと入ってくるので、気持ちの良い 朝が迎えられます。

 

 

南伊豆休暇村 まとめ

宿泊したのは、「和室」タイプのお部屋です。

宿泊してよかったところは

海の目の前、海でたっぷり遊べるところ。

海側の部屋(全室)、松林の向こうに海が見える。

温泉でリラックス。

美味しいビュッフェ。

コインランドリーがある。

・広々とした、館内

レンタサイクルがある。

 

この夏休みのために、また1年頑張る!と思える充実した宿泊になりました。

なかなか旅行に行けない時期ですが、機会がありましたら、おすすめです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

弓ヶ浜の動画です。よろしかったら、ご覧ください。


3分でわかる!行きたい、弓ヶ浜!/大好き伊豆の海!/Yumigahama

関連記事

artandwalkguide.com

 

artandwalkguide.com