人生を楽しく生きる

海、旅、アート

【北欧フィンランドの旅】  楽しい!ヘルシンキ の電車!(鉄道編 1)

f:id:ArtandWalkguide:20200718172547j:plain

2019年3月にフィンランド、ヘルシンキを訪れました。

ヘルシンキ のトラムの様子をご案内します。

 

3日間使えるフリーパスを購入しました。

18€(約2180円)(2020年7月現在、1€=120.75円)

普段は、特にチェックなしで乗れてしまうトラム。

 

夕方のラッシュ時間(東京ほど混んでない)に2人のヘルシンキ交通の職員の方なのか乗ってきて、乗車券のチェックがありました。

ほとんどの人が、定期の様なものを購入済みで携帯電話を見せていた。

私達も、デイチケットを見せた。見せたというより、日本の新幹線の様に、職員の方はピッってしていました。

時々こういうチェックが入るのか、滞在中2回経験した。

1人も乗車券なしの人がいなかったのは、すごいな〜と思った。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718172654j:plain

ヘルシンキ中央駅前、次々に電車が来る。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718172722j:plain

1両だけではなくて、2両、3両とつながってる。長〜い!

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718172743j:plain

本当に、街の中を電車が通る。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718173214j:plain

電車の中、とても綺麗で、機能的。

 

人口が少ないし寒い日々が続く、厳しい環境のヘルシンキ の人々が

車がなくても困らない様に考えられているのかな〜と、

思ってしまうくらいヘルシンキ市をめぐらされているトラム。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718173046j:plain

タリン行きのフェリー 乗り場の前まで、トラムで来れる。

とても便利ですね。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718173238j:plain

ヘルシンキ中央駅前、さすがにたくさんの人が乗り降りしています。

 

 

f:id:ArtandWalkguide:20200718173308j:plain

 

 

昼間のトラムに乗っている時、

園児が8人くらい、そして先生が3人、アジアの子もいたし、いろんな人種の子供達が、子供らしく、でもお行儀よく乗車してきた。

私の前に座った子は、恥ずかしそうに外を見ていた。

先生がたはお世辞にも若いと言えない、たぶん、園児は自分の孫くらいの年齢なんじゃないかな〜と思った。

でもでも、すっごくいい!!!

おばあちゃん?おばちゃんだからか、なんかいい!

ゆったりと、でもしっかり子供の動きには目を配り、優しく声をかけていた

少し乗ったら、すぐまた降りて行った。

先生の目の行き届く人数だな〜、子供達が大切に育てられているな〜と嬉しく思った。

そして、フィンランドは、みんなある程度の年齢まで働くんだな〜と、驚いた。

素朴な温かい気持ちになったのはなぜだろう。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

北欧フィンランドの旅、続く。

もしよろしければ、YouTubeご覧ください。


北欧/フィンランド /My ART Walk in Finland! Helsinki,The finnish glass museum /Music by Ikson-Paradise